兵庫県内のお花の産地取材
兵庫県内各地のお花の産地を取材しました。産地の様子をご覧下さい。
【神戸市西区伊川谷町】伊川草花ストック部会

伊川の切花栽培は、明治初年野の草花を神仏として栽培したのが始まりで、約100年の歴史を持っており、現在では春〜夏のトルコキキョウ、秋〜冬のストックを中心に、千日紅やケイトウと いった仏花やキンギョソウといった草花を栽培している。伊川谷の土質は砂質で、水が切れやすい圃場なのが特徴である。
そのためしっかりとした水揚げのよい花を生産。市場でも非常に評価の高い産地である。

部会員数/25名

H18年度出荷数量/220万本(内トルコキキョウ45万本)

出荷市場/関西中心に出荷(約5社)

品種/ストック・トルコギキョウ・キンギョソウ・ケイトウ・センニチコウ

ホームページ/http://www.jarokko.or.jp (JA兵庫六甲伊川支店に事務所を置く)